FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人信用情報機関であなたの履歴は丸見えよ♪

個人信用情報機関とは、皆さんのよりよいクレジットライフを支える為の機関です。
具体的には、厳重なセキュリティ、信用情報をデータベース化している機関です。
その情報を、会員のクレジットカード会社は、審査や与信管理の際に閲覧する事ができます。

☆どんな事をすると載ってしまう?

なんらかの金融商品を利用すると、情報が掲載されます。身近な例では、クレジットカードやショッピングクレジットの契約情報が掲載されている場合が多いでしょう。

まずカードの申し込みをすると、クレジットカード会社が審査の為に個人信用情報機関にアクセスして、申込者がデータベースに登録されているかをチェックします。もし申込者と思わしき情報があれば、その情報を閲覧し、審査に利用するのです。その際に、申し込みをした事実もそこに掲載されます。(その事実は6ヶ月程残る機関が多いです)

☆☆おまとめローンを検討中の方はこちらへどうぞ☆☆

次に、そのカードの審査が通った時に、改めて契約情報の内容を掲載します。(こちらは契約中ずっと載ります。解約した後も5年間残ります。)

☆延滞情報があると・・・

個人信用情報機関には、クレジットカードである程度の延滞をしてしまったりすると、延滞した情報等も載ります。逆に、しっかり支払いをしていれば、「ちゃんと支払っているよ」という情報をつけてくれる会社もあるのです。

支払いをしっかりしていれば他のカードも作りやすくなったりするのは、このヒストリーが原因となる事もあります。ですから、きちんと引き落とし日に支払いをする事が大変重要です。

どんなブラックな人でも絶対に融資可能な業者がこの日本にはあるらしい・・・

スポンサーサイト

テーマ:審査通りやすい金融 ジャンル:ファイナンス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。